拿捕 意味。 拿捕とは

領海だと、沿岸国の主権が及ぶ…. - (2004年10月25日アーカイブ分)• 深津栄一 「商船捕獲のルール」『』349号、、1985年、104-105頁• なので非加盟の国については議論が必要な部分があります。 日本の船舶がロシア近海で拿捕される事もありますが、これはあくまでも漁船が漁をしている関係で、問題になって来る訳です。

法的根拠は、領海なのか、公海なのか、海のどの地点での話なのかにより変わってきますが、どういう条件で拿捕が可能かについては、国連海洋法条約という国際条約に定めがあります。

はの艇を含む、またはにをした船のみ拿捕できる。 何故なら領海侵犯をしての漁。 また、沿岸国の法律が及ばない上でも、や船艇・航空機など、政府の公務に使用されていることが明らかに表示されておりかつ識別されることのできる船舶又は航空機は、行為を行った船舶・航空機を拿捕できる。

11

という感じにはなって来ますよ。 という法律ではなくて、違法操業に関する国内法だからです。

3

拿捕はの船のみをとし、やでされたはとしない。 古来、沿岸国が自国の勢力圏の海域へ航行してきた船舶を、沿岸国の危険を防止する名目で拿捕する行為は数多く行われていたが、国家や国際社会の発展のためには、を害さない範囲で船舶の航行の自由を広く認めるべきだという思想が生まれ、やがてそれが支配的な考えとなり国際慣習法が形成された。

なので日本も漁業法違反などの行為に該当する内容であれば、立ち入り調査をするなどの行為が出来るようになったりする物もあります。 例えば、沿岸国の警察が、違法操業をしている漁船を拿捕するというのが典型例です。 - (2019年1月1日アーカイブ分) この項目は、分野に関連した です。