長渕 剛 ステイ ドリーム。 長渕剛の曲でステイドリームという曲げありますが、本人が自殺を考えた時に...

山里剛() - ディレクター• 11曲目に表題曲が収録されている。 また、同ドラマにおいて、後に妻となると初共演しており、また後に渡るまで作品を共作していく事となる脚本家のと初対面となった。 レース この曲のみNHK-FM「平山雄一サウンド・ストリート」に出演した祭に弾き語りした時の音源を収録したもの。

10

吉井聡 STUDIO SOUND VALLEY - アシスタント・エンジニア• この曲の完成によって、長渕は再び曲づくりに専念する事となった。 にのエキスプレスレーベルからリリースされた。

天童淳 STUDIO TWO TWO ONE - アシスタント・エンジニア• 後に瀬尾一三との共同アレンジで再度レコーディングし直され、また(チョコバー「BODY」)のCMソングにライブバージョンが採用された。 この日の模様は当時、インタビューメインの内容でテレビ特番が放送されたが、ライブ自体はごく一部のダイジェストのみであり、今回初の映像パッケージ化ということで注目が集まっている。

その変化に戸惑いを隠せないファンも多かったが、一番違和感を覚えていたのは、実は長渕自身だったのかも知れない。

3

村上律 - (2曲目)• 本ツアーは1986年のを皮切りに、11都市全11公演が行われた。 『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』、、2015年11月30日、 235頁、。

1

また、2006年の再発版では最高位211位となった。 』や『レース』などで聴かれる、ヒリヒリとした痛烈な歌詞が長渕らしい」と肯定的な評価を下している。 このことに剛はショックを受けました。

19

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「叫びに似た長渕の歌は、サウンド志向の音楽とは大きく表現方法が異なり、詞とその歌声にすべてがたくされている。 和井内貞宣(ユイ音楽工房) - パーソナル・マネージャー• ギター、ピアノなど最小限の生楽器で作られた、まさに原点回帰というべき1枚である。 サビの部分で「自分に負けた」と告白する自らを卑下した楽曲である。

10

その時の心情を一度は全てを捨てる覚悟までしていたと語っている。 山田秀俊 - ピアノ(11曲目)、(11曲目) スタッフ [ ]• 参考文献 [ ]• 入院時の病室で書いたこの歌はこの時のテイクのまま、アルバムの1曲目に「レース」という題名で収録された。 」と反発する。

4