満身 創痍 と は。 「満身創痍」の意味は病気?使い方や例文を紹介!類語や英語も

四字熟語は語源を知ることでより理解が深まります。 「息災」と言う言葉は、仏様の力で災いを止めると言う意味を持つ言葉で、組み合わせて病気もなく災いもない状態を表した四字熟語です。 「満身創痍」の意味に「病気で苦しんでいること」も加わった さらに最近、「満身創痍」の意味に「病気で苦しんでいること」を表す意味が加わり、一般的に使われています。

20

満身創痍のは飾れず 左肘 (事)• 書き言葉として使っても、文章のレベルが上がります。 ものの例えとしての使用されることがほとんどで、本当に死の淵に立たされている人に対して「半死半生」とはあまり言いません。

12

ちなみに「痍」とは切り傷のことです。 気息奄々とよく似た音を持つ四文字熟語で、残りの息も今にも止まってしまいそうな様子を表します。

18

満身創痍まとめ 体がボロボロであったり、傷付いた状態、他には病気や精神面でも調子が酷く悪い時には満身創痍となります。 度重なる怪我にも屈せずスケートの大会で戦う姿をたたえて「満身創痍の王者」などとも表現されました。 。

例えば、自分でフルマラソンに出場すると決めたとします。

9

スポーツにおいての「満身創痍」は肉体的なダメージを表す場合が多いのが特徴です。 「満身創痍」の使い方 続いて「満身創痍」の使い方を見ていきましょう。 満身創痍の類語 満身創痍のには、()や百孔千瘡()、精疲力尽(せいひ)などのが挙げられる。

20