メキシコ ペソ 今後。 メキシコペソの長期見通しと今後の価格、金利、スワップの動向までまとめて予想

レンジ相場の期間が長い• 資源国にとって商品価格の下落は死活問題。 もともとスペイン領ということもあり、公用語はスペイン語です。 このように、アメリカを中心とした先進国の利上げが実施されると資金は先進国に流れて、メキシコペソのような新興国通貨は下落する傾向にあるのです。

13

指標をまとめてみたので確認してみよう。

4

輸出が輸入を上回る状態を貿易黒字、輸入が輸出を上回れば貿易赤字となります。

2

が、 2019年を境にメキシコの政策金利は暴落中。

110• 万が一、トランプ米大統領が再選された場合に備えての慎重な対応だったのでしょうが、バイデン米次期大統領への祝福を控えたロペスオブラドール大統領に対し、 米民主党の一部議員からは失望の声が聞かれており、 メキシコとバイデン次期政権の船出は順調と言えるものではなさそうです。 しかし、 メキシコペソも最近ではスワップ運用では人気になってきており、取り扱いFX証券会社も少しずつ増えてきています。

今週は何度か15円台に挑戦しましたが、届くことなく戻されてしまいました。

13

米国での大規模な財政出動により、米景気の回復に伴ってメキシコ経済も持ち直すとの期待が高まりました。

9